見出し画像

僕のプロ生活は今治で始まる #はじめてのJリーグ 飯泉涼矢

幼いころからJリーガーを目の当たりにする環境にあった飯泉選手。サッカーをはじめたころからプロになることを強く意識してきました。高校時代にプロか進学かを悩んだ背景、大学から今治に加入した経緯などを語ってくれました。

はじめてのJリーグと聞いて連想されるエピソードはありますか?

幼いころから憧れの対象でした。

僕は神奈川県生まれで、物心ついたときには、湘南ベルマーレや横浜F・マリノスの練習を見に行っていました。その時に、中村俊輔選手や川口能活選手、中田英寿選手など日本を代表する選手を間近で見て、サッカー選手に対して憧れを持つようになりました。

Hidetoshi Nakata Instagramより)

Jリーグの試合はよく見に行っていましたか?

味の素スタジアムに東京ヴェルディとFC東京の試合をよく見に行っていました。

子供の頃、東京ヴェルディとFC東京のスクールに通っていました。その時、スクール生をトップの試合に招待してくれることがあり、味スタにはよく行きましたね。

その頃好きだった選手はいましたか?

FC東京なら、馬場憂太選手、東京ヴェルディなら相馬崇人選手が好きでした。

僕は小学生の頃、ポジションはフォワードでした。相馬選手は左サイド、馬場選手はボランチと全然違うポジションの選手でしたが、とにかくカッコよくて、そのふたりが試合に出場していると目が離せませんでした。

サッカーをはじめたのはいつ頃からですか?

小学校2年生のころからです。サッカーをやっていた兄の影響ではじめました。サッカーをはじめた時点でプロになると決心していました。

画像1

プロになりたいとサッカーをはじめて、今まで歩んできた道のりについてどのように感じていますか?

今年J3で戦うことになり、やっとスタートラインに立てたと感じています。

高校を卒業するとき、大学進学よりもプロになりたいという気持ちが強かったです。プロのクラブの練習にも参加していました。しかし、そのときに早稲田大学の推薦の話を頂きました。

このままプロの道を模索するのか、大学進学を視野に入れるのか、悩みました。両親とも相談を重ねました。両親からは「高卒でプロになるより大学でもっと人生経験を積んだり、学歴もつくので進学が良いのでは?」とも助言されました。

その上で僕自身の考えとして、同世代でサッカーをやっていて早稲田に推薦される人は限られている、そのチャンスを生かしたいと思い大学に進学する事を決断しました。

もちろん、プロをあきらめて進学をした訳ではないので、大学在学中もずっとプロになることを意識していました。当時はプロになるなら最低でもJ2という思いで、各クラブの練習にも意欲的に参加していました。しかし、最終的にはJのクラブからは声がかかりませんでした。

大学4年生になっても自分の行き先が見えなかったとき、FC今治から声をかけてもらいました。自分のことを必要としてくれた今治には感謝しかないです。カテゴリーはJFLでしたが、1年目からJ3に昇格するぞという気持ちでプレーをしました。

1年目である2018年にJ3昇格を達成できなかったのは本当に悔しかったです。だからこそ、昨年J3昇格を勝ち取ることができ、ようやくJの舞台に立てる喜びを感じています。

試合を待ちわびるサポーターへにメッセージをお願いします

選手も早く試合をしたいと思っていますし、今治の街の人たちも試合を早く見たいと思ってくれていると思います。しかし、今はみなさんの健康と安全を第一に考えて、日々の生活を過ごしてほしいです。

自分たちが戦える舞台が整ったら、今まで我慢してきて溜まっていたものを夢スタで発散してもらいたいです。選手に対して叱咤激励したり、選手もサポーターも試合に勝ったら喜び、負けたら悔しがるという気持ちをひとつにして、今シーズンを戦っていけたらと思います。

画像2

飯泉涼矢選手に応援メッセージを送ろう!

飯泉選手の#はじめてのJリーグエピソードいかがだったでしょうか? FC今治公式noteでは、飯泉選手への応援メッセージを募集しています。

ハッシュタグ、「#はじめてのJリーグ #飯泉涼矢」をつけてTwitterやInstagramなどで投稿して、ぜひ応援してください!

なお、頂いたメッセージをFC今治の公式アカウント等で掲載させていただく場合がございます。

応援メッセージのご応募お待ちしております!

FC今治の最新情報が届く、メルマガ会員募集中!

FC今治、毎週のニュースや、ホーム戦イベント、新グッズの情報などが届くメルマガの会員を募集しています。

登録は無料、以下のリンクからご登録いただけます。
ぜひご登録下さい!

FC今治メルマガ登録フォームはこちらから
これからも心の豊かさを発信していきます!
95
FC今治を運営する株式会社今治.夢スポーツです。noteでは「心の豊かさ」をテーマに、トップチームの活動のみならず、「しまなみ野外学校」などの教育事業や、地域全体で1つのサッカーピラミッドを創る試み「今治モデル」など、企業理念の実現に向けたの様々なチャレンジの舞台裏を発信します。

こちらでもピックアップされています

#はじめてのJリーグ
#はじめてのJリーグ
  • 28本

2020年Jリーグに昇格したFC今治の全選手が開幕前に語る、はじめてのJリーグストーリー。  ヘッダー画像(公社)今治地方観光協会 提供

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。