見出し画像

僕はもうルーキーじゃない #はじめてのJリーグ 平松遼太郎

将来は指導者の道を考えていた大学時代。プロになろうと再びスイッチが入ったきっかけは同期の活躍でした。FC今治に加入して感じたプロの壁、勝負の年にしたいという今季にかける意気込みなどを話してくれました。

はじめてのJリーグと聞いて連想する思い出をお聞かせください。

大きなスタジアム、緑の美しい芝生の上でサッカーをしている姿がキラキラと輝いて見えました。

はじめてJリーグの試合を見に行ったのは小学1年生のときです。セレッソ大阪の試合を長居陸上競技場、今のヤンマースタジアム長居に見に行きました。サッカーをはじめて間もない時期に見たスタジアムの風景、サポーターの熱量の入った応援や選手が躍動する姿に、いつか自分もこんな場所でサッカーがしたいなと思いました。

僕は奈良県出身なので、セレッソ大阪以外にも、ガンバ大阪の試合をよく見に行っていました。今チームメイトの橋本選手がガンバの選手として試合に出場していたのを見ていました。

セレッソ大阪公式 Instagramより)

プロを目指すことを意識したのはいつ頃でしょうか?

本気でプロになりたいと決めたのは大学のときです。

子どものころから、プロサッカー選手になりたいという気持ちはありました。しかしそれ以上に高校サッカー選手権大会に強い憧れを持っていました。

お正月に家族や親戚が集まっているとき、高校サッカー選手権の試合がテレビから流れていました。高校生で大観衆の素晴らしい環境のなかでプレーが出来るというのを見て、夢中になりました。

高校は選手権に絶対出たいと思い、高校サッカーの強豪青森山田高校に進学しました。在学中に憧れだった選手権にも出場できました。

しかし、プロになるという視点では、高校生世代の最高峰リーグ、高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリークで同世代のトップ選手を目の当たりにしました。

そこは同い年で自分より上手いと言える選手があたりまえのようにいる世界でした。悔しいけど自分のレベルではプロになるのは厳しいと思わざるを得ませんでした。

大学に進学するときもプロの選手になることはあきらめ、将来はサッカーの指導者になろうと考えました。進学先は体育の教員免許が取れる、IPU・環太平洋大学に決めました。

プロの選手になること以外でサッカーに関わろうとスタートした大学生活でしたが、高校時代のチームメイトが大学で活躍して、全日本選抜に選ばれていることを知りました。その姿を見て、一度は自分はプロになることが無理だと思ったことが間違いだったと、自分も負けられないと発奮しました。

幼いころからサッカーを一生懸命やってきて、ここであきらめていいのか? という気持ちが湧き上がってきたのです。

こうなったら自分がどこまで行けるのかを試してみたくなり、それから本気でプロサッカー選手を目指すことになりました。

画像1

昨年今治に加入してからの感想をお聞かせください。

FC今治に加入できたことに満足してしまって、出遅れてしまったなと感じています。

自分がFC今治に加入することができたのは、練習参加がきっかけでした。大学4年生のとき、どこのチームからも声がかからず、それでもなんとか道を模索したくて、自ら志願してFC今治に練習参加をさせてもらいました。その結果、こうやってFC今治でプレーすることができています。

だからこそ、加入が決まったときはものすごく嬉しくて、ワクワクしていました。それくらい、やっとの思いだったのです。しかし、現実は甘くありませんでした。練習が始まると、大学のときには出来ていたプレーが全く通用しませんでした。

そんな自分の姿に、どうしよう…と、どんどん自信を無くしてしまいました。決してそこまで悲観的になる必要はないのに、ちょっとプレーが上手く行かなかったら不安になり、気持ちは焦る一方でした。

結果的にリーグ戦には1試合も出られず、公式戦は天皇杯の県予選で出場したのみに終わりました。今振り返ってみると、FC今治に加入したあとの目標をしっかりと持っていたら、もうすこし違った1年となっていたのではないかと、後悔が残りました。

今年は新たな目標を立てられたのでしょうか?

はい。今季の目標は、リーグ戦の半分以上の試合に出場することです。

自分の中では、今年は勝負の年だと思っています。試合に出られないときも、サポーターのみなさんが「期待してるよ」「がんばってや!」と温かい声をかけ続けてくれました。その声に応えられなくて、情けないという感情もありました。今年こそは試合のピッチで躍動する姿をサポーターのみなさんに届けたいです。

去年出場機会がなかった悔しさを今シーズンにぶつけたい。その熱意はチーム内で一番強いと思っています。プロの世界は結果が全てです。僕はもうルーキーじゃありません。だから、去年と違い周囲の目も厳しくなると思うので、今年は結果を残したいです。


開幕を待ちわびるファンに向けてメッセージをお願いします。

延期となってしまい、開幕戦を楽しみにしていたファンのみなさんは、きっともどかしい気持ちだと思います。僕たちは、この期間を有効に使い、チームの成熟度を高めています。

僕自身もこの期間、トレーニングマッチなどで必死にアピールしています。

試合が再開されたときには、去年より進化したFC今治の姿をお見せします。もちろん、その中でピッチに立ち、試合に出ている僕の姿もお見せしたいです。

それを見てファンのみなさんには「今年は太郎ちゃんはひと味違うな!」と感じてもらえるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

画像2

平松遼太郎選手に応援メッセージを送ろう!

平松選手の#はじめてのJリーグエピソードいかがだったでしょうか? FC今治公式noteでは、平松選手への応援メッセージを募集しています。

ハッシュタグ、「#はじめてのJリーグ #平松遼太郎」をつけてTwitterやInstagramなどで投稿して、ぜひ応援してください!

なお、頂いたメッセージをFC今治の公式アカウント等で掲載させていただく場合がございます。

応援メッセージのご応募お待ちしております!

FC今治の最新情報が届く、メルマガ会員募集中!

FC今治、毎週のニュースや、ホーム戦イベント、新グッズの情報などが届くメルマガの会員を募集しています。

登録は無料、以下のリンクからご登録いただけます。
ぜひご登録下さい!

FC今治メルマガ登録フォームはこちらから
これからも応援よろしくお願いします^^
80
FC今治を運営する株式会社今治.夢スポーツです。noteでは「心の豊かさ」をテーマに、トップチームの活動のみならず、「しまなみ野外学校」などの教育事業や、地域全体で1つのサッカーピラミッドを創る試み「今治モデル」など、企業理念の実現に向けたの様々なチャレンジの舞台裏を発信します。

こちらでもピックアップされています

#はじめてのJリーグ
#はじめてのJリーグ
  • 31本

2020年Jリーグに昇格したFC今治の全選手が開幕前に語る、はじめてのJリーグストーリー。  ヘッダー画像(公社)今治地方観光協会 提供

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。