見出し画像

長所でチームに貢献する #はじめてのJリーグ 大野秀和

少年時代にスタジアムで観戦した憧れの選手とチームメイトになる。高校卒業後、プロ選手となり激変した1年のことを、少年時代の思い出と共に語ります。

はじめてのJリーグと聞いて思い出す出来事はありますか?

愛媛FCの試合をニンジニアスタジアムによく見に行っていたことです。僕は松山市出身なので、家族や友達とニンジニアスタジアムへ試合観戦に足しげく通っていました。両親と4兄弟全員がサッカーをしているサッカー一家で育ったので、家族全員で試合を見に行く事もよくありました。中学生になると友達と行くようにもなったのも覚えています。

小さい頃に好きだったり憧れた選手はいますか?

今はチームメイトになりましたが、越智亮介選手、園田拓也選手です。また、去年在籍していた内村圭宏選手も、子供の頃に、愛媛FCにいる憧れの選手でした。Jリーグは自分にとって夢の舞台でした。今はその舞台で、小さい時に憧れだった選手たちと一緒にプレーできるので、喜びを感じています。

愛媛FC公式 Instagramより)

ベテランや実績のある選手もいる今のチームで自分の役割についてどう思いますか?

自分の長所を伸ばし、チームに貢献することが一番大事だと思っています。僕は他の選手よりサッカーの経験値の面では劣っているので、その部分では勝てないと思っています。

しかし、自分の長所を地道に磨いていけば、必ずチームに貢献できると信じています。技術や戦術的にもまだ期待に応えられていない部分もあるかもしれませんが、必ずチームに貢献したいと思っています。

今治での1年間を振り返っての感想を教えて下さい。

何もかもが違うと感じました。高校の部活からプロになって、高校のときにやっていたことをやっていても、全然この場所では通用しないし、選手として成長に繋がらない。自分で考え、変えていかなければプロではやっていけない。この1年でそう感じました。

視野を広く持つと、日本代表に選ばれるような選手は、自分の年代からどんどん試合に出場して、活躍している選手が多いと思います。僕の同期でもJ1、J2のクラブに所属する選手もいます。だからこそ、僕も早く成長してチームに貢献し、そしてより大きな舞台で活躍できるような選手になりたいです。

画像1

今治での生活には慣れましたか?

食生活の部分で自律することに苦労しています。昨年はチームの寮に住み、そこで食事を頂いていました。今年からはひとり暮らしになったので、いままで周りに頼っていた食生活の環境を、今は自分で整えなければなりません。苦労していますが、選手として成長し、チームに貢献するためにも頑張りたいと思っています。

街に住むことそのものには、もちろんすっかり慣れました。東京都内の高校に通っていたのですが、寮が埼玉の地方都市にありました。だから今治に来ても周りの生活環境が大きく変化したという感覚はありませんでしたね。

試合のときの夢スタの雰囲気はいかがでしょうか?

プレーしやすい環境ですね。毎試合、ファンのみなさんが満員近くになるほど足を運んでくれて、スタジアム全体があたたかい雰囲気で選手を迎えてくれていると感じています。

最後にファンの方へメッセージをお願いします。

延期されたことをポジティブに捉えています。チームの完成度を高める準備期間がより長くなったと前向きに考えています。今自分たちが出来ることとして、トレーニングやトレーニングマッチに一生懸命取り組み、チームの完成度を高めていきたいです。

今年のホームゲームは全試合満員のスタジアムでプレーしたいです。ファンのみなさん、ぜひ夢スタに足を運んでください。

画像2

大野秀和選手に応援メッセージを送ろう!

大野選手の#はじめてのJリーグエピソードいかがだったでしょうか? FC今治公式noteでは、大野選手への応援メッセージを募集しています。

ハッシュタグ、「#はじめてのJリーグ #大野秀和」をつけてTwitterやInstagramなどで投稿して、ぜひ応援してください!

なお、頂いたメッセージをFC今治の公式アカウント等で掲載させていただく場合がございます。

応援メッセージのご応募お待ちしております!

Jリーグ再開が待ち遠しいですね・・・焦らず楽しみにしててください!
69
FC今治を運営する株式会社今治.夢スポーツです。noteでは「心の豊かさ」をテーマに、トップチームの活動のみならず、「しまなみ野外学校」などの教育事業や、地域全体で1つのサッカーピラミッドを創る試み「今治モデル」など、企業理念の実現に向けたの様々なチャレンジの舞台裏を発信します。

こちらでもピックアップされています

#はじめてのJリーグ
#はじめてのJリーグ
  • 28本

2020年Jリーグに昇格したFC今治の全選手が開幕前に語る、はじめてのJリーグストーリー。  ヘッダー画像(公社)今治地方観光協会 提供

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。