見出し画像

スタジアムはワクワクであふれている #はじめてのJリーグ 玉城峻吾

子どもの頃からサッカー一筋。しかし、5年前にJリーグデビューを果たした際には、楽しくプレーできていないのでは? という葛藤に出会った玉城選手。時を経て、Jリーグに再チャレンジするその気持ち、4シーズン目となる今治でのことを語ってくれました。

はじめてのJリーグと聞いて思い浮かぶことを教えて下さい。

子どものころからサッカーが大好きで、Jリーグもずっと見ていました。いち観客として見ていた舞台に、いざ自分自身が選手として立った時は「あぁ、あのとき見ていた場所に立つ事ができたんだなあ」という嬉しさを感じました。

その反面、選手としての責任感や緊張から、プレッシャーに押しつぶされそうになったこともあります。観客として見ていたJリーグでは、選手が楽しそうにプレーしていたはず。

なのに、いざ自分がその立場になると、「楽しい」という感情をピッチの上で感じる事ができなくなっていた時期もありました。特にツエーゲン金沢に在籍していた時は、そう悩んだ時期でした。

今年、Jリーグの舞台にまたチャレンジすることができます。だからこそ、今後はピッチ上で自分自身が楽しみ、躍動したい。そしてそれを観客に届けて、楽しみを感じてほしい。そんなシーズンにしたいと思っています。

子供の頃のJリーグにまつわる思い出はありますか?

子供の頃、Jリーグのゴールシーンだけ編集されたビデオがあったんですよ。それを放課後に家でずっと見て楽しんでいました。僕は子供のころ、戦隊ものやヒーローものに興味もなく、大した趣味もなかったので、毎日がサッカー漬けのサッカー少年でした。

そんなサッカー一筋の少年時代に憧れた選手はいましたか?

中村俊輔選手です。その憧れから、中村選手の履くスパイクと同じものがどうしても欲しかったんです。でも当時は子どもだったので、少しデザインが違うジュニアモデルしか履けなくて、悔しい思いをしたのを覚えています。

早く大人になって、中村選手と同じスパイクを履きたいなって思っていましたね(笑)。

横浜FC公式アカウント Instagramより)

Jリーグを観に行っていたときの思い出はありますか?

スタジアムまでの道中や、スタジアムに入った瞬間のワクワク感が大好きでした。周りのサポーターとの一体感や、ドキドキ感もすごく感じる事ができて、それにワクワクしていました。

今、僕はサッカー選手という立場になりましたけど、スタジアムに流れるあの雰囲気はやっぱり良いなって思います。

夢スタでも「今日はどういうワクワクが生まれるんだろう?」と、いつも楽しみにしています。今治にとってはじめてのJリーグなので、そういうドキドキやワクワクが生まれるような更なる演出も楽しみにしています。

画像2

玉城選手は今治で4年目となりますが、今治のサッカーはどういうスタイルだと考えていますか?

岡田メソッドを抜きに語ることはできないと思います。リュイス監督も岡田メソッドの考え方を取り入れた指導やチーム作りをしてくれています。

そしてその上で、スクールやアカデミーの選手たちがFC今治のトップチームで自分もプレーしたいと思えるような、そういうサッカーを僕たち選手は目指すべきだと思っています。

そこに向かって、監督、選手そしてスタッフが一丸となって、良い方向に向かっていると感じています。

僕自身も今治で4年目のシーズンに入りました。年齢も重ね、チーム内での立場や役割も変わってきています。そういう意味でも、特に新加入の選手や若い選手に対しては、言葉とプレーの両方で伝えていきたいと思っています。

ファンの人たちから「玉ちゃん」と呼ばれ人気ですね。ご自身ではどう思っていますか?

人気というか、みんなの3番手ぐらいの立ち位置なんですよ。ちょっとしゃべり相手がいなくなったら、玉ちゃんのとこにでも行こうかなという…。嬉しいから全然いいんですけど(笑)。

夢スタでの雰囲気や、今後こんな風になって欲しいという思いはありますか?

夢スタがオープンした2017年と比べると、週末の夢スタを楽しみにする地元の方々が増えたと感じています。それはとても嬉しいです。

でも今年からはJリーグでの戦いが始まります。例えば、スタンドを青に染めたり、ゴール裏では更ににぎやかな応援が行われている。そんな光景を見て選手もモチベーションがより刺激される事もあるので、そうなっていくといいなと思っています。

最後に、サポーターへメッセージをお願いします。

この中断期間はチームにとって、更に力を積み上げることができる時期だとプラスに捉えています。僕たちは、開幕を100%の状態で臨むために、毎日全力で練習に励んています。

開幕が延期になったことで、サポーターのみなさんも、すごく残念に感じていると思います。ただ、僕たちは開幕に向けて全力で準備をしています。

開幕は満員の夢スタで最高の雰囲気の中で試合をしたいので、ぜひ応援に駆けつけてください!

画像2

玉城選手に応援メッセージを送ろう!

玉城選手の#はじめてのJリーグエピソードいかがだったでしょうか? FC今治公式noteでは、選手への応援メッセージを募集しています。

ハッシュタグ、「#はじめてのJリーグ #玉城峻吾」をつけてTwitterやInstagramなどで投稿して、ぜひ応援してください!

なお、頂いたメッセージをFC今治の公式アカウント等で掲載させていただく場合がございます。

応援メッセージのご応募お待ちしております!

スキ、ありがとうございます~
102
FC今治を運営する株式会社今治.夢スポーツです。noteでは「心の豊かさ」をテーマに、トップチームの活動のみならず、「しまなみ野外学校」などの教育事業や、地域全体で1つのサッカーピラミッドを創る試み「今治モデル」など、企業理念の実現に向けたの様々なチャレンジの舞台裏を発信します。

こちらでもピックアップされています

#はじめてのJリーグ
#はじめてのJリーグ
  • 31本

2020年Jリーグに昇格したFC今治の全選手が開幕前に語る、はじめてのJリーグストーリー。  ヘッダー画像(公社)今治地方観光協会 提供

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。