見出し画像

地元愛あふれるチームの一員になりました #はじめてのJリーグ 澤上竜二

セレッソ大阪から期限付き移籍で加入した澤上選手。都会のビッグクラブから地方都市今治に来て感じた「地元感」。今までのサッカー人生と、はじめてのJリーグを戦う今治の印象を語ってくれました。

子どもの頃、Jリーグに関する思い出はありますか?

自分の出身地の奈良にはJリーグのクラブがありません。ですので、スタジアムに行けたのは年に1回ほど、大阪でセレッソ大阪の試合を見に行くくらいでした。その頃のことで今でもよく覚えているのが、試合メンバーから外れた選手たちがスタンドで試合を観戦していたことです。その選手たちはちょうど自分が座っている席の少し上の席に座っていて、僕は試合そっちのけでその選手たちを見ていました。Jリーガーが近くにいるということがすごく嬉しかったです。

子どもの頃に好きだった選手はいますか?

元ドイツ代表のゴールキーパー、オリバー・カーン選手に夢中になりましたね。自分が小学生の頃、2002年の日韓ワールドカップで大活躍していました。小学校のスポーツ少年団でサッカーをプレーしていたとき、ゴールキーパーのポジションが奪い合いになるぐらい、カーン選手は人気でした(笑)。

oliverkahn Instagramより)

"Jリーガーになりたいな"と思ったのはいつ頃でしたか?

サッカーを始めた頃からJリーガーになりたいと思っていました。その想いがより強くなったのは高校生の頃です。静岡の飛龍高等学校へ入学したのですが、静岡はサッカー熱が非常に高く、県の予選大会でゴールを決めるだけで新聞の記事にその姿が掲載されることもありました。清水エスパルスの練習にも参加したり、JリーグやJリーガーを身近に感じる機会に恵まれていたと思います。しかし残念ながら、高校卒業後すぐにJリーガーになることはできず、大学への進学を決意しました。

大学で"Jリーガーになれる"と確信できたエピソードはありますか?

大阪体育大学に入学後は1年生から試合に出ていました。その時戦っていた関西リーグでは、後にJリーガーになる選手をたくさん間近で見ることができました。高校とのレベルの差を痛感したことを覚えています。もっと自分のレベルを上げなければという気持ちを抱くきっかけになりました。

大学2年生のときには、インカレ(全日本大学サッカー選手権大会)で優勝することができました。その後は大学選抜にも選ばれ「そろそろ自分もJリーガーになれるぐらいの選手になってきたのでは?」と思ったこともありました。しかし、大学選抜として招集された他のチームの選手たちと話していると、周りの選手たちは所属チームの監督から「Jクラブから練習参加のオファーが来ているぞ」と知らせてもらっていると口々に言っている一方、自分は全く監督からそういう話を言われていなかったのでとても焦っていました。自分だけそういう話が無いのか? と思うこともあったのですが、4年生になる頃に監督から「Jクラブからオファーがきているぞ」と言ってもらえ安心しました。

Jリーグ初出場となった試合のことは覚えてますか?

3節ぐらいだったと思うのですが(初出場は2016明治安田生命J2リーグ 第3節 ホームゲーム)勝っている試合の途中出場としてピッチに送り込まれ、ボールをキープする役割を期待されていました。とにかく時間稼ぎや守備を必死にやっているうちに試合終了を迎えたという記憶があります。

セレッソ大阪公式 Instagramより)

実際のデビュー戦後インタビュー
セレッソ大阪オフィシャルチャンネルより

FC今治に加入してクラブや街の雰囲気はいかがでしょうか?

今治は地域に密着しているというか、地元のサポーターがクラブを支えている良さを実感しています。今治に来て3日目ぐらいに街中でサポーターの方が声をかけてくれました。それ以外にも普段の生活でも街中で「試合頑張ってね」と声をかけてもらったこともあり、FC今治が地域に根付いている感じがしました。

街の雰囲気は自分の育った奈良とも少し似ているので特に違和感はありません。しかし今治の人と会話をしていると、車で20分かかると話すと「遠いな」と言われてその感覚は今治独特だなと思いました(笑)。大阪に住んでいたころは車で30分ぐらいだと「近い」という感覚だったので。

画像1

シーズン途中の加入ですが、どのような役割を期待されていると感じますか?

自分はフォワードなので、どのチームに行ってもゴールを求められると自覚しています。今治とは試合で対戦したり、映像で見ていた印象ではゴール前にどんどんボールが入ってくるというイメージがありました。その感覚でフォワードとして点を取れるというイメージを持って今治に来たので、しっかり点を取っていきたいです。

最後に、ファンサポーターに向けてメッセージをお願いします。

7月にセレッソ大阪U-23の選手として今治と試合をした時は、ポジショニングやポゼッションが主体でカウンターもあって、今年のJ3の中でも今治はかなり強いチームだと感じました。今治のみなさんは今年からはじめてJリーグの試合を今治で見ることになったと思いますが、その舞台でFC今治が躍動することをぜひ期待しておいて欲しいです。

チームが強くなり試合で結果を残すことができれば「FC今治のサッカーが見たい!」と思うサポーターがどんどん増えていくと思っています。見る人が楽しいと思ってくれるサッカーをして勝つ。その姿を楽しみに応援してもらえるようなチームになれたら良いと思います。FC今治の選手として一生懸命頑張るので、ぜひ応援よろしくお願いします。

画像2


澤上 竜二選手に応援メッセージを送ろう!
澤上選手の#はじめてのJリーグエピソードいかがだったでしょうか? FC今治公式noteでは、澤上選手への応援メッセージを募集しています。

ハッシュタグ、「#はじめてのJリーグ #澤上竜二」をつけてTwitterやInstagramなどで投稿して、ぜひ応援してください!

なお、頂いたメッセージをFC今治の公式アカウント等で掲載させていただく場合がございます。

応援メッセージのご応募お待ちしております!

FC今治の最新情報が届く、メルマガ会員募集中!
FC今治、毎週のニュースや、ホーム戦イベント、新グッズの情報などが届くメルマガの会員を募集しています。

登録は無料、以下のリンクからご登録いただけます。
ぜひご登録下さい!

FC今治メルマガ登録フォームはこちらから
うれしい~!
72
FC今治を運営する株式会社今治.夢スポーツです。noteでは「心の豊かさ」をテーマに、トップチームの活動のみならず、「しまなみ野外学校」などの教育事業や、地域全体で1つのサッカーピラミッドを創る試み「今治モデル」など、企業理念の実現に向けたの様々なチャレンジの舞台裏を発信します。

こちらでもピックアップされています

#はじめてのJリーグ
#はじめてのJリーグ
  • 31本

2020年Jリーグに昇格したFC今治の全選手が開幕前に語る、はじめてのJリーグストーリー。  ヘッダー画像(公社)今治地方観光協会 提供

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。