見出し画像

このクラブは可能性を秘めている #はじめてのJリーグ 村井清太

世界で通用する選手になりたい。その目標に向かいストイックにサッカーに取り組む村井選手。目標を達成するため今治に来た理由や、はじめてJリーグと出会った少年時代の話を語ってくれました。

はじめてのJリーグと聞いて思い浮かぶことを教えて下さい。

自分は、幼い頃からプロサッカー選手になって、Jリーグでプレーするのはひとつの目標だったので、それが叶いました。

Jリーグの試合は、東京ヴェルディと愛媛FCの試合を味の素スタジアムに両親に連れられて行ったのがはじめてで、その試合を見て自分もプロサッカー選手になりたいと思うようになりましたね。それから、自分はプロになると覚悟を決めてサッカーだけに打ち込んできました。

子供の頃に好きだった選手はいましたか?

当時観戦していた、東京ヴェルディのブラジル人トリオが好きでした。フッキ選手、ディエゴ選手、レアンドロ選手の3人。強くて、テクニックもあって、その時のヴェルディが見ていて楽しかったので、印象に残っていますね。

J.LEAGUE International Instagramより)

昨年、FC今治に来ようと思った決め手は何でしょうか?

将来を見据え、このクラブは可能性を秘めていると思ったので決めました。自分は、世界に通用する選手になるという目標があります。今治も上を目指すクラブで、その中で自分自身も上をめざせると思ったので。

FC今治での1年で感じたことは?

たくさんの人に見られるようになったと感じています。中学生や高校生の頃に比べて、個人的にも、チームでも練習のときからたくさんの人に見てもらって、応援されているのが大きな違いですね。

こうやってたくさんの人に見られることは、その先につながるチャンスも生まれると思うので、良いことだと思っています。

チームに様々な年齢層の選手がいることも違いのひとつです。高校まではチームメイトは同世代だけで、コミュニケーションのやりやすさはありました。

今は歳の離れたベテラン選手もいるので、アドバイスをしてもらったり、同世代だけの環境とは違った良さもあります。それは、自分にとってプラスになることと捉えていますね。

チーム内には同期の福田選手、大野選手がいるので、このふたりとは一緒にいる時間も多くて仲良くやってます。

画像2

今治で暮らしてみての感想は?

東京に比べて人もそんなにいないですし、自然も豊かで暮らしやすいですね。サッカーに打ち込める環境なので、サッカーのことだけに集中したい自分にとってはすごくプラスになる環境だと思います。

開幕を待ちわびるファンに向けメッセージをお願いします。

ファンのみなさん同様に選手たちもいつ開幕するのか不透明な中、試合が待ち遠しい状態です。その中でもチームは常に準備はできていますし、練習やトレーニングマッチを重ねていい雰囲気です。ぜひ、開幕を楽しみにしていてください。

画像1

村井清太選手に応援メッセージを送ろう!

村井選手の#はじめてのJリーグエピソードいかがだったでしょうか? FC今治公式noteでは、村井選手への応援メッセージを募集しています。

ハッシュタグ、「#はじめてのJリーグ #村井清太」をつけてTwitterやInstagramなどで投稿して、ぜひ応援してください!

なお、頂いたメッセージをFC今治の公式アカウント等で掲載させていただく場合がございます。

応援メッセージのご応募お待ちしております!

スキ、ありがとうございます~
69
FC今治を運営する株式会社今治.夢スポーツです。noteでは「心の豊かさ」をテーマに、トップチームの活動のみならず、「しまなみ野外学校」などの教育事業や、地域全体で1つのサッカーピラミッドを創る試み「今治モデル」など、企業理念の実現に向けたの様々なチャレンジの舞台裏を発信します。

こちらでもピックアップされています

#はじめてのJリーグ
#はじめてのJリーグ
  • 31本

2020年Jリーグに昇格したFC今治の全選手が開幕前に語る、はじめてのJリーグストーリー。  ヘッダー画像(公社)今治地方観光協会 提供

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。